ササンマスターのひとりごと


by sasunsasun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お知らせ

気がつけば、今日は1月最終日
1月は行く、2月逃げる、3月去る
なんて上手く言ったものですね。

そして、気候の方がどうも落ち着きませんよねぇ。
1月の一番寒い時期に3月下旬の気温
インフルエンザもかなり流行っているようですので
どうぞみなさまご自愛くださいませ。

さて、ササンのお店の方はもう春物が入荷してきました。
婦人ものもレギュラーからユアサイズまで今年の注目アイテムが
入り始めましたのでどうお時間のある時にでも見にきてくださいね。

それから、子供では小学校卒業用スーツ
最近は卒ファ(卒業ファッション)なんていいますがこちらが活況です。

入荷分が直ぐに売り切れてしまってご迷惑をおかけしております。
今週はほんの少しですが在庫がありますので、ご利用のございます方は
お声をおかけください、来週最後の追加が入る予定です。

それから、いよいよ紳士服の入荷が本格的にはじまりました。
特にお年を召された方向けですが、スラックス、ニットシャツなど
量販店、専門店でお求め頂くものと品質は変わりませんが
価格は半額程度と自信を持って価値>価格のものを揃えております。

ぜひ、いちどご覧頂きたいとおもいますので、ぜひお立ち寄りください。

今日の日記は現状報告でした。

それでは!
[PR]
by sasunsasun | 2009-01-31 17:00 | Comments(0)

素敵な出会い


e0042261_1418214.jpg
ネットと言う世界に
素敵な出会いを演出してもらいました。

ギターを本格的に再開してから、音楽のことを調べることが
多くなったのですが、先日ふとYOUTUBEを見ている時に
「古時計」の「ロードショー」という楽曲に出会いました。

古時計というと最近の人は平井賢さんが歌った曲を
思い出されるかもしれませんね。

でも、70年代に青春時代を過ごした
自分たちには古時計と言えばロードショーでしょうか。

西田さんと大場さんのグループで在学中にこのロードショーでデビューして
空前の大ヒットになった曲です。

この古時計というグループ、じつは学生時代のクラブの先輩でして
ちょうど大学1,2?年の時に倶楽部の先輩を交えての交流会があって
そこで初めてご本人とお会いしました。
そしてその会で目の前で演奏も聞かせて頂きました。

生の歌声と演奏に物凄く感動したのを思い出します。
今までレコードでしか聴いたことがなかったのに
目の前で聴いていたのですから・・・
その時の感動は、何十年もたつ今でも記憶の中にしっかり残っています。

そんなわけで、自分の中の特別な曲にネットで再会できるなんて驚きでした。
本当に久しぶりにこの曲を聴いて、青春時代に受けた感動が戻ってきて
あの時と同じように心臓の鼓動が早くなるんですね。

大場さんの澄み切った大空を見た時に無条件に感動するような
そんな力を持った真っ直ぐに心に届く歌声
今でも きっとだれもが素敵だなぁと思われるんではないでしょうか。
同世代の人には、きっと懐かしい曲だと思います。

パソコンではYOUTUBEの動画が見れますが、携帯ではどうなんでしょう?
でも、ぜひ古時計の歌声を日記を読んでくれた方には見て欲しいです。
http://jp.youtube.com/watch?v=zz9Q72BNqrs

古時計 「ロードショー」
伊丹 恵 作詞山本達夫 作曲

映画館のロビーで
あなたの笑顔を  見てしまいました
私にではなく 誰か知らない人に
そそぐほほえみを
パンフレットを持つ手が
震える私の 目の前 通って
二人は腕組み 赤い扉の中へ
消えて行きました
ベルが鳴っています
私の愛をおびやかすように
あかり消えました
泣いてもいいと教えるように
忙しくて逢えない
あなたは電話でそう言ってました
私にごめんとすぐにあやまったのは
こんなわけですか
[PR]
by sasunsasun | 2009-01-22 14:17 | Comments(0)

我ら日本人として


e0042261_17574075.jpg
さて、気が付くともう1月も後半
1月行く(私の祖母は広島の人なので「いぬる」と言っていました)
の言葉どおりもう1月もあっという間に終わりに近づいてきました。

風邪、インフルエンザが流行っているようです。
みなさん、うがい手洗いで予防を心がけてくださいね。

さて、アメリカでは第44代大統領が就任されました。
オバマ氏の就任は本当に歴史が大きく変わる転換点になりそうですね。

今日、新聞を見ていますと、東大寺館長のお話が載っていました。
戦後復興の日本を支え、家庭もかえりみずひたすらに働きつづけた
子供はその親の背中をみて育ち、世に出てみるとバブル崩壊の
閉塞感の中、自信を失いいつの間にか日本人の心まで見失ってしまったと。

今の日本の現状はさらに厳しいのかもしれません。
アメリカの影響を受けて100年に一度の大不況、就職難
だからこそ、今、日本という国、私たち日本人はこの困難に打ち勝ち
顔を上げて、前を向いて歩んで行かなくてはいけないのかもしれません。

オバマ氏の言う Yes We can 実は日本人の心にこそ必要なのかも。
そう、私たちはこの困難に打ち勝っていけるんだ!と。
[PR]
by sasunsasun | 2009-01-21 17:56 | Comments(0)

ありがとう

e0042261_1394673.jpg

仕事のホームページからリンクする形で
このブログを持っている。

今や日本には星の数ほどのブログがある。

そんな捜し切れないくらいのあまたある
中のひとつのササンのブログを
愛読してくださいっている方もいらっしゃる。

更新は相変わらず完全不定期
ほとんど更新されない時があるかと思えば
思い出したように連日更新したりf(^^;)
本当に申し訳ありません。

そんなブログを読んでくれている人の中に
以前勤めていた会社の同期生の奥様がいらっしゃる。

今日、ふとお店を訪ねてくださった。
お店からは随分はなれている所に住んでいらっしゃるので
ふと、ではなくわざわざ時間を作って来てくださったのだ。

年末の日記で女房の病気のことにふれた。
一区切りの5年を無事に迎えられたことを知って
今日お祝いのお花との心使い。

人の縁というのは、本当に不思議なもので
そしてありがたいものだと心から感謝するばかりです。

本当にありがとうございました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。

あ、そうそう
今日は中学生の息子さんと一緒だったのだけれど
彼について、よく家族で話すことがある。

で、なにが話題になるかというと
娘も女房も大好きな「東方神起」のメンバーさんの一人に
とても雰囲気が似ていてすごく男前なのである。

髪型を変えて衣装を身に着けると
メンバーさんに混じって歌っていても分からないかもしれない。

今日は一緒にきてくれたのを良いことに、
女房は写真を撮らせてもらっていました。

あ、この写真は東方神起のご本人さん
でも、やっぱり似てるなぁ。


e0042261_1257748.jpg

※ (営利目的の写真使用でありません、問題がありましたら直ぐに削除いたします)
[PR]
by sasunsasun | 2009-01-17 12:59 | Comments(0)

結婚記念日


今日1月15日は結婚記念日で24回目を迎えました。
よく考えると当たり年です。

先日、NHKスペシャル「女と男」と言う番組をみていました。
女と男 第1回 惹(ひ)かれあう二人 すれ違う二人.
最新科学で探る「女と男」。
恋する脳とは何か、すれ違いのメカニズムは何かを探り、
男女関係への知恵を紹介していく。
と言った内容でした。

番組によると男女の恋愛感情は
長くて3年しかもたないのだそうです。

そう考えると24年間も連れ添ってこられたのも
考えてみると不思議なことで
恋愛感情を越えて男と女の縁なのかもしれません。

しかし、永きに渡って共に歩んでこられたのは
間違いなく女房殿のお陰だと感謝の念でいっぱいです。

自分でいうのもなんですが、
私の性格は物凄く自分勝手、わがままです。

娘も言いますが、ぜったい旦那さんにするなら
おとうさんみたいな人は選ばないと

間違いなく娘の性格が女房の性格なら
24回目の結婚記念日はなかったと思います。

それほど、わがままな自分を許してきてくれたからこその
24年間だとほんとうに女房殿には頭が下がる思いです。

結婚記念日だからと何かを欲しがるわけでもありません。
それを良いことにほったらかしです。

ですが、その分今度ある女房殿の大好きな
「東方神起」のコンサート
楽しんで来て欲しいと思っております。

来年はいよいよ銀婚式
今度ばかりは、ほったらかしと言うわけには行かないでしょうから
何かイベントを考えておかなくては。
[PR]
by sasunsasun | 2009-01-15 14:05 | Comments(0)

成人の日に寄せて

今日は成人の日

本日成人の日を迎えられる皆様には本当におめでとうございます。

少し前までは成人の日は1月15日でした。
日本の伝統として受け継がれている小正月
かつて元服の儀が小正月に行われていたことに由来し
1月15日が成人の日でした。

また、1月15日は私たちの結婚記念日でもあります。
社会の一員として結婚し家庭を作る意味でも
この日を選んで結婚の日としました。
ことしで24年、来年は銀婚式です。

さて、成人の日にあたり自分のことを振り返りながら
今年社会人になっていく人たちに
エールを贈る日記にしようと思います。

私が成人を迎えたのはまだ学生の時でした。
その時を振り返ってみても成人とは名ばかりで
中身は子供そのものだったと思います。

選挙権を頂き、酒タバコも許される権利とともに
自己責任を問われる義務も発生します。

しかし、権利ばかりを主張するのみで
義務のことはこれっぽっちも
考えていなかったなぁと思うのです。

この時期マスコミでは成人の日の
若者を取り上げてニュースとしています。
その中には荒れる成人式を報道して
問題視するような風潮もありますが、それはごく一部であり
大方の人はちゃんとこの日を成人になる区切りの日と位置付け
自分を振り返る日として大切にされてらっしゃることと思います。

本日のニュースでも成人の日のインタビューに、
今の社会の不安定さ(不景気な世の中のこと、
年金福祉など将来のこと、政治のこと)
などを口にする人が多かったように思います。

今の時代、瞬間を切り取るとそうなのかもしれません。
成人を迎える学生の方には内定取り消し、
就職難のことが気になるかもしれません。

しかし、時代は常に流れて行くわけで、今のように悪いことが
未来永劫続くわけでもありませんし反対にバブル景気の時を思い出すと、
いつまでも右肩上がりで繁栄するかに感じられた世の中も
決して続くことはないということがわかると思います。

就職という一つの切り目だけを見ると、
将来が不安に見えたりするかもしれませんが
逆に売り手市場で自分の希望の就職先に勤められたとしても、
そのことが人生のなかで全て上手く行く切符を
手に入れたと言うことにならないのですから。

就職は人生の中で一つ階段を上がっただけで、
その階段はまだまだ始まったばかりです。
これからの方がたくさんの分岐点がやって来て
それを選びながら自分の人生を歩いていくわけです。

たとえどれだけの就職難と言われても、
あれはいやこれは嫌と言わない限り
就職できないことは無いと思います。

ご縁があってその仕事を選んだ限りは、
精一杯自分の力をその場所で出し切ることです。

自分の思いとは違う道だから頑張れないとか、
自分が今まで全てをなげうって受験勉強を乗り越えてきたのに
裏切られたとか人のせいにしてしまうことの方がよほど
自分の人生を上手く行かない方向に向かわせる要因だと思います。

社会人として世の中で独り立ちしたあなたの価値を決めるのは、
あなた自身ではないことを知ってください。
世の中ではあなたの価値を決めるのは他人なのですから。

自分の進んだ道を投げ出したり、
上手く行かないことを他人のせいにする人に
価値を見つけてくれるでしょうか。

困難な立場にたってもあきらめることなく長年にわたり
精一杯の努力をし続ける人こそ、
だれもが認めてくれ価値ある人になると思うのです。

さぁ、新成人のみなさん 
今の世の中を愁いてこんな時代じゃなぁと不安に思うのではなく
時代はこれからも変わるのですから、
変わって自分の思い通りの世の中になった時に
大きくはばたける人となっているように、
自分自身を高め、磨くことに邁進しましょう。

あなたの考えと行動で
人罪にも人材にも人財にもなりえます。

どんな会社にいようとも必要とされる人は、
人生の就職難には遭遇しない人財なのですから。
[PR]
by sasunsasun | 2009-01-12 12:20 | Comments(0)