人気ブログランキング |

ササンマスターのひとりごと


by sasunsasun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

エコって?

e0042261_1836521.jpg
e0042261_18361489.jpg
e0042261_18362284.jpg

エコってなんだろう?

とうとうガソリンの価格が
レギュラー1Lあたり170円代に
突入するとのニュースを耳にしました。

つい、数年前までは100円くらいでしたから、
よく考えてみると驚くような高騰ですよね。

これだけ高くなると、いよいよ車も乗れなくなります。
そして、1L当たり200円も噂話ではなくなってきました。

今乗っている自分のグウタラ車ですが、
生意気にもハイオクしか喰らいません。

それも、1L当たり5kmくらいしか走らない
オンボロです(TωT)

娘にも奥さんにも、
そろそろそんな不経済な車は処分して
私も乗れる小さなエコカーに替えてくれない?
と言われています。
本当に、そろそろ考えないとなぁ。


さて、今日はお昼から快晴の奈良です。
仕事の備品が切れてしまったので
近くの電気屋さんにで出かけました。
(歩いて出勤しているので、
どこに出かけるのも徒歩&自転車です)

自転車で5分くらいの所なのですが
幹線道路沿いにある大型電気店なので
回り道をしないといけません。

ここのお店には、気心の知れた
イケメンの若い男の子がおります。

最近改装をしたので、なんだかんだと
話をしながら買い物を終えました。

いや、ほんと芸能人並みの男前です。
娘も奥さんも男前って言うくらいだから
本物でしょう(^-^ )
あ、そんなことはどうでもいいことでしたf(^^;)
写真が無くてスミマセンm(_ _)m

で、その後何も考えていなかったんでしょうね
まぁ、いつも「ぼ~っ」としてますけれどf(^^;)

裏道に出ないといけなかったのに
幹線道路沿いに出てしまいました。

しかたがないので、歩道を自転車を押しながら
歩き出すと、電気屋さんのお隣はホンダのお店!

なんとなく、フラフラと展示している車を見に入ってしまいました。
すると、営業の愛想の良いお兄さんが寄ってきて
いろいろ説明をしてくれます。

今の車はすごいですね、小さなエンジンでも
ぐんぐん走って、燃費もすごくいい。
そのうえ、デザインもかっこよくて室内も広い。
これで1500cc?とつい聞いてしまいました。

後ろの座席も広くて、これじゃぁ
今自分の乗っているグウタラ車と変わらないじゃないか
と、ため息をついてしました。

そのうえ、価格も随分リーズナブル。
軽自動車とあまり変わらない値段なんですね。
カタログをたんまりもらって帰ってきました。

自分の時代は車はある意味ステータスだったんですが
今は、そんなことより環境重視の生活のなかの道具なのかもしれません。
こんどはハイブリッドの車も見学に行ってこようかなぁ。

でも、自転車をこぎながら帰り道によく考えてみると
車に乗るよりも自転車や徒歩の方が
よっぽどエコライフなのかもしれないなぁ
なんて、本質に気付いた昼下がりでした。

基本は、これからもやっぱり自分の足ですかねぇ
そう、歩くことで稼ぐことのできるのは
きっと情報と健康とエコの3拍子かもしれませんね
by sasunsasun | 2008-05-29 18:36 | Comments(0)

歩くこと

e0042261_14521423.jpg


以前に職場まで歩いて通いはじめました
と書きました。

あれから、もう1ヶ月が過ぎましたが
三日坊主にならずに続いていおります。

ちょうど、時節柄気持ちの良い時期からはじめたので
続いているのかもしれません。

食事も晩ご飯に気を使って野菜中心にかえたことも
書きましたが、こちらも続けております。

おかげさまで1ヶ月で体重も3kg減量できました。
この調子で行くと夏本番までには
なかなか良い感じになりそうです(=^^=)

無理に落とす減量ではないので、リバウンドはなさそうだし
体調も随分良くなりました。

みなさんも、夏に向かって減量いかがでしょう?
健康に体重管理ができたら、まだまだ40代は若いですものね
体を動かすいろんなスポーツにも気楽に参加できそうです。

今年は、学生時代を思い出して夏には水泳をしてみようかなぁ。
なんて思う今日この頃です。
by sasunsasun | 2008-05-23 14:52 | Comments(0)

温泉に行きました

e0042261_18193091.jpg
e0042261_18193796.jpg

温泉に行きたいと言って、はや一週間が過ぎました。

この数日は多忙を極め、久しぶりに倒れそうになりました。

金、土曜日にお受けした注文が弱小小売店にしては規模が大きすぎて
仕事をさばききれずにおりました。

今日、なんとかやっとの思いで目鼻が立ち、ホッとしているところです。

さて、
この日曜日は母の日でもありました仕事でひっくり返っているのに、
奥さんに感謝して(言い訳)
温泉と夕飯を頂きに行くことにしました。
母の日くらい上げ膳据え膳をプレゼントしてもいいですよね。

さて、その温泉は先にも書きましたが
信貴山観光ホテルと言う所に湧く温泉なんです。

この信貴山は、かの聖徳太子が“信ずべき山、貴ぶべき山”
で「信貴山」と名づけた山です。

その信貴山に湧く、天然温泉。

奈良県の北部では温泉が湧出する所は数えるほどしかないのですが、
そのうちの山中にあって、眺めもよくゆっくりとできるところと言えば
ここしかありません。

春は、露天風呂の真上に桜の花が満開になり それはそれは素晴らしい
眺めの良いところですが、先日はさすがに葉が青々と茂っているだけでした。

ちょうど、この日は時間的に来客の少ない時に出かけられましたので
湯船は貸切状態。
こんな大きなお風呂を独占できるなんて本当に幸せでした。
久しぶりにゆっくりのんびり心行くまで、湯につかることができました。

やっぱり、たまには息抜きしないとダメですね。
仕事のことを考えると、そんなヒマはなかったのですが
思い切ってよかったです。

心も体もリフレッシュがなくちゃいけないなぁと思いました。
by sasunsasun | 2008-05-14 18:19 | Comments(0)

「蟹工船」

e0042261_1546274.jpg
e0042261_15463696.jpg

連休も終わり、また普段どおりの生活が帰ってきました。
連休中に一日だけ、父の墓参りに出かけました。
今年で十七回忌、早いものです。

お御墓参り以外は仕事でした。
休みの日に繁忙時期を迎えるお店は
大型施設内にあることが多いようです。

自分の所は、みなさん出掛けて行かれるので
来店客数は随分と少なくなるんです。

その分、ネット上の注文が増えて手間は店の何倍にも。
日記を書くのも本を読むのもままなりませんでした。

でも、気になっていた本があるんです。

先日 小林多喜二の「蟹工船」が随分人気だと
なにかで読み、頭のどこかにありました。

現代の若者のワーキングプアー、格差社会と重なる部分があり
読む人が増えたとのこと。
ここにきて増刷らしいです。

私も久しぶりに「蟹工船」読んでみました。

みなさんの方が、良くご存知だと思いますが
あらすじを載せてみますね。

----------------------------------------------------------------

カムチャツカの沖で蟹を獲り
それを缶詰にまで加工する蟹工船「博光丸」。

それは様々な出自の出稼ぎ労働者を安い賃金で酷使し、
高価な蟹の缶詰を生産する海上の閉鎖空間であり、
彼らは自分達の労働の結果、高価な製品を生み出している
にも関わらず、蟹工船の持ち主である大会社の資本家達に
不当に搾取されていた。

情け知らずの監督者浅川は労働者たちを人間扱いせず、
彼らは過労や病気で倒れてゆく。

初めのうちは仕方がないとあきらめる者もあったが、
やがて労働者らは、人間的な待遇を求めて指導者のもと
団結してストライキに踏み切る。

しかし、経営者側にある浅川たちが
この事態を容認するはずもなく、
帝国海軍が介入して指導者達は検挙される。

国を、すなわち国民を守ってくれるもの
と信じていた軍が資本家の側についた事で
目覚めた労働者たちは再び闘争に立ち上がった。

蟹工船(Wikipedia)

-----------------------------------------------------------------
現代の若者たちは、蟹工船を読んで 自分たちの主張を
訴える行動にでるエネルギーを持ってくれるだろうか?

軍(政治家)の失策のつけは、結局立場の弱いものに押し付けれ
彼らは国民のために何かをなすこともなく、自らの利権をまもり
解散総選挙の行方ばかりに眼を奪われているように思えてならない。

時代が移り帝国海軍が国会にかわっても、権力者たちは
自分たちの既得権を優先し、労働者(国民)の痛みを分かろうとしない。

どうせ自分なんかがなにもできやしない、なんて投げやりにならず
自分ひとりでも!と考えて行動に移していけるのなら、
小林多喜二の存在意義は大きい。


決して闘争に立ち上がれと言うことではないけれど
日本の国のあり方に興味をもつことが出来たならいいのだけれど。

選挙権のある人たちは自分の意志で闘争に立ち上がるくらいの
エネルギーでもって投票をしてもらいたい。

なんて、思いながら読み返すのでした。

今の世の中に閉塞感が満ちているのは、福田さんの責任だけじゃないものね。
福田おろしで首がすげ変わっても何も今の現状は変わらないと思うなぁ。

自民党主導のもと、後期高齢者の法案を可決したのは
小泉政権時代だということも忘れていけないよね。

あ、今日は連休中の仕事でフラストレーションが溜まっていたかなぁf(^^;) ポリポリ
by sasunsasun | 2008-05-07 15:46 | Comments(0)