ササンマスターのひとりごと


by sasunsasun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

いよいよ年末ですね

こんにちは、ササンです。

もう気がつくと2007年も残す所2日
前回の日記が12月7日きり書いていないので、もう一月ぶりくらいの更新です。
いつも、こんないいかげんな日記ですみませんm(_ _)m

さて、いよいよ年が押し迫りますと12月の慌しさは服屋には縁遠いものとなります。
大型商業施設にあるお店やユ○クロ、しま○らのようなチェーン店はどうなのか解りませんが
ササンのような小規模の個人店舗はやっとバタバタから開放されます。
みなさんは年末の食料品のお買い物に忙しくなるからなのでしょうね。
また衣料品などは年明けからバーゲンが始まりますし、今慌てて買わなくてもね(^-^ )

さて、そんなわけでこうして日記を書ける時間ができたと言うわけです。

今年一年を振り返ってみると本当に天候のいじめにあった気分でした。
3月からの寒い春、7月までの涼しい夏、8月からの異常な暑さ 残暑は10月まで
その上今日に至るまで寒くならなかった冬( ̄~ ̄;)ウーン・・・
でも、この異常気象も地球温暖化の影響でしょうから自分にも責任があるのかなぁ
なんて考えているとこです。

そんな話はさておき、今年は娘が高校生になりました。
高校受験なんて自分のことを考えるとすっかり忘れていましたが、いざ自分の子供が受験生となると家族がバタバタするものなんだなぁとつくづく感じた次第です。

高校や大学は人生の中で一つに通過点でしかないんですが、それでも親と言うものは、ついつい自分の出来の悪さを棚に上げて子供に頑張って欲しいなんて思うからいけません。

結局はうちの高校に来てもいいよと許可を下さるところが、その子にとってふさわしい所ということなのだと思います。
どこの高校に行こうが、その高校で自分の将来を考えてどのように行動するかが大切なことで、希望の高校に入れなかったことが人生の失敗なんてことは無いわけですからね。

そんなわけで、今年を振り返ってみると受験を通過してきたことが一番のイベントのように思いました。

さて、来年は子供のことに振り回されず自分のことをいろいろ考えて行く年としたいと思います。

今日あたりから冬将軍が西日本にも居座るとのこと
やっと寒くなり年末らしくなってくれそうです。

寒くなると風邪を引いてしまうことも多くなるかと思います。
風邪で寝正月なんてならいようにご自愛くださいね。

それではどうぞ、皆様良いお年をお迎えくださいませ。

そして、来る2008年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by sasunsasun | 2007-12-30 12:18 | Comments(0)

児童相談センターへ


e0042261_1863679.jpg
先日、ちょっと日記に書いた、
児童相談センターからの
子供たちの服の依頼、
今日やっと全ての依頼品が揃って
発送を終えたので、ご報告します。

誰一人あったことの無い
子供たちだけれども、
その子供たちの笑顔を考えたら、
なんだかこちらまで嬉しくなって
しまうんですよね。

今回のご依頼の商品を全て自分ひとりで探すのは
とても無理があって、沢山の人のご協力を頂いた。

そして何とかかんとか集ったのだけれど、その先頭に立ってくれたのが
以前お世話になっていた会社の同期。

自分の仕事で手一杯なのに、じっと今回の話を聞いてくれて
「わかった、なんとかするわ」と引き受けてくれた。

もちろん、実際に手配して忙しい中わざわざ別にこれだけの為に
動いてくれたのはたくさんの商品の担当者の方々。

今日、届いた荷をほどきながら、ひとつ一つを手にとってみる。
みんなかわいくて素敵な服ばかり。

このたくさんの人の思いが詰まった素敵な服たちよ、
子供たちの心をニッコリマークで一杯にしてあげておくれ
と願いを込め無事発送を終えました。
[PR]
by sasunsasun | 2007-12-07 18:07 | Comments(0)

一生勉強 一生青春

e0042261_1334640.gif

今日は、久しぶりに時間が取れたので
相田みつをさんの詩を見ていた。

言葉のもつ力に、その表現力に心をはずませながら。


一生勉強と一生青春は、
一枚の紙の裏表のようなもの。

年をとって困ることは、
身体が固くなるばかりでなくて、
頭が固くなること、心が固くなること。

心が固くなると、感動、感激がなくなります。
一生青春を保つためには、心のやわらかさを保つこと。
そのためには、具体的に何かに打ち込んでいくことだと。

何かを知ることや分かることは楽しいし嬉しくなる。
勉強と言うとしんどくて辛くて灰色というイメージがあるけれど
心の柔らかさを保つためと考えると一生勉強してもいいかなぁ
子供につい勉強しなさいなんて言うけれど自分が勉強しなくちゃね。
[PR]
by sasunsasun | 2007-12-04 13:34 | Comments(0)