ササンマスターのひとりごと


by sasunsasun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

入学式


振り返ってみると、
たかが高校入試なのですが
15歳の子供にとっては
果てしない道のりだったことでしょう。

行きたい高校に行けない
実力不足の娘は
その中で悩み苦しみ
世の中全てが思い通りにならない
そんな経験が出来たわけで、それは長い人生の中で
とても大切なことなのだと思うのです。

次の高校というステージで
小さな花でいい咲かせる経験ができれば
さらに素晴らしいことでしょう。

いろいろお騒がせのありました娘ですが、
無事昨日入学式を迎えることが出来ました。

入学を許可していただいた高校は
なかなかに厳しい学校のようで、
入学式早々身装検査があり
学校の意向に沿わない生徒には
親同伴での呼び出しがあり
注意を促されたようです。

娘の唇は昔から血色が良いのか、
口紅を差したように赤く映ることがあり
先生からのご指摘を受けたといっておりました。

昨今規律を軽視し権利ばかりを主張する風潮が
まかり通る学校の話を耳にすることが多く心苦しく
思っておりましたので、このように厳しいご指導を
していただけるのはありがたいことで
感謝こそしても文句を言うことはおかしなことだ
と話して聞かせました。

お世話になる3年間、このように厳しい規律の中、
自己を磨くことだけでなく人生を通じてお付き合いの出来る
素晴らしい友達との出会い、
そして将来忘れ得ぬ信頼できる恩師の方との出会いを
いただけるならこの上なく嬉しいことだと思います。

入学式に花を添えてくれた桜ですが、
今年は開花が早く心配でしたが、
寒の戻りがありどうやら、
新しい門出を迎えた子供たちを
祝福するために散らずに我慢してくれたようです。

入学式を祝ってくれた桜の花のように、
自分自身の花を咲かせることの出来るよう
新たな気持ちで精一杯悔いのないよう高校生活を送って欲しい、
新しい門出によせてそのように思う父なのでした。
e0042261_1719463.jpg
e0042261_17201872.jpg

[PR]
by sasunsasun | 2007-04-12 17:24 | Comments(2)

娘の携帯電話元年

とうとう娘にも携帯電話を買いました。
高校に入ったら携帯を持ってもいいと言うことで
中学の間は我慢させていましたから。

 聞くところによりますと、中学で約50%、高校では90%以上が
携帯電話を持つ時代になったのですね。

 携帯電話の進歩はあまりに早すぎて、
最近すっかりついていけなくなりましたf(^^;) ポリポリ

電話の役目よりも他の使い方に重きがあって、
多くの人に手放せない物になっているようですものね。

自分自身は携帯が無くても生活できますので、
世間一般から言うと世捨て人の部類かもしれません(=^_^=)

 しかしながら、自分の携帯歴は長くて15年くらいになり
当初はまだアナログ回線、auもセルラーと言われていた時代、
電話も茄子くらいの大きさで重くて電池も1日にほどしかもたなかったし、
電話以外の機能はなにもありません。
でも、移動の多かった仕事柄重宝したものでした。

 さて、その携帯電話、中高校生はもっぱらメールをするようですが
ふと思ったのですが、その昔 携帯の無い時代 自分たちが中高校生の時
別に不便は無かったなあと。

 今のように全てをメールで済ますことになんだか一抹の不安と寂しさを
感じるのは私だけでしょうか?

 確かにメールだと個人に直接届くし、人の目を気にしなくてもいい。
たとえば好きな人に思を伝えるのに親の目を気にしなくても大丈夫、
お気軽にやり取りできるので、子供にとっては楽チンかもしれません。
でも、人と人の間にはもっと感情や温度があったほうがいいのになあ
と思うのです。

 最近、家庭でご飯を食べるときもメールをしていたり
友達同士で会っていても、お互い話もせず違う相手とメールをしていたりする
なんてもことも耳にします。
それってやっぱりどこかおかしいように思うんですよね。

 昔話ばかりで申し訳ないのですが、自分が学生のころ好きな人の所に
電話をかけると親御さんが出られるとドキドキしたものです。
ちゃんと自分の存在をアピールしないといけないし、大人の人と話す
マナーや言葉使いを気にしたものでした。

 今や携帯電話はとても便利なもので必要不可欠かもしれません
それはそれで良しとしても、もっと人と人のかかわりも大切に
することも忘れてほしくないと思うのです。

 これから益々携帯電話は便利になり誰もがその便利さを
享受していくのでしょうが、便利さばかりを追求して人の心や
ふれあいの温かさを忘れないで欲しいなぁと
娘の携帯電話元年にそんな風に思うのでした。
e0042261_1546179.jpg
[PR]
by sasunsasun | 2007-04-03 15:46 | Comments(0)