ササンマスターのひとりごと


by sasunsasun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

出会いと別れの季節

 早すぎた2月の春の訪れ以降、冬に逆戻り。3月に入って冬が居座ったことで、体調を崩される方のことをよく耳にしましたが、ようやく下旬になって春が本格的にやってきたようです。

 佐保川の桜も開花との便り、今年は入学式は桜の花吹雪の中思いで深いものになりそうですね。

 春は別れと出会いの織りなす感慨深い日本人にとって無くてはならない季節。4月から新しい生活を迎えるみなさま希望と夢を胸に抱いて精一杯頑張られることお祈りしております。


 さて、我が家の娘も春から晴れて高校生、義務教育を終えて自分の意志で自分の将来を決めていかないといけないそんな年になります。

 自分が高校に行かせてもらった時には親からのアドバイスは特になかったように記憶していますが、何か自分なりに頑張らないといけないと思ったのものです。でもどうやって良いのか、何を頑張れば良いのか迷ったのも事実。
なにか、まだ見ぬ不安一杯の将来へ道標があればよかったように思うこともありました。

 子供にとやかく口出ししすぎるのも考えものかもしれませんが、高校3年生の時に後悔の無いように準備をする助言だけはしておこうと考えておりました。

 その方向を指し示す方法の一つに本との出会いがあると思うのですが、世間には星の数ほどの本があり何を手にして良いか悩むものです。

 そこで一つお勧めのものをこちらで選んでプレゼントをしました。

 ご存知の方も多いと思いますが、故・森信三氏による大阪天王寺師範での「修身科」の講義(昭和12~13年)をまとめた口述録の  『修身教授録』
平成元年の刊行以来、二十刷を超えるロングセラーとして、青年から老年まで幅広い読者の人生指南書、座右の書です。


「できないというのは、
 本当にする気がないからです」

   出典:『修身教授録』、森信三、致知出版社、P318より

たった2行の言葉ですが、その意図するところは深くまさに真理だと思うのです。

 何度も何度も読んでその中から何か一つでも感じることが出来れば、将来の不安を解消する一助にきっとなると思うのです。

 森信三先生の思いや考えが時代を超えて娘に少しでも届けばいいと思っています。

 新たな旅立ちの季節、全ての人にすばらしい季節となりますように。
[PR]
by sasunsasun | 2007-03-28 14:59 | Comments(2)

「桜咲く」

 みなさまにご心配をおかけしていました公立高校合格発表 無事、合格を頂くことができました。ご声援いただきました皆様、本当にありがとうございました。

 結果的に一つランクを落としての受験でしたので桜が散ることがあると、とても辛い思いになりますので少しだけ安心をしました。

 さて、その合格発表ですが、到着したのは発表時間が少し回ったPM1時過ぎでした。
すでに、たくさんの受験生が集っており、大きな歓声がひびき、遠い昔になりましたが自分の高校の合格発表とどこかでダブってしまいました。

 今年の奈良県下の公立高校の倍率は1.3倍と、昨年より少し狭き門となりました。全体では700名あまりの受験生が涙を飲む結果となります。
彼女の受験した高校も1.33倍で何人かの受験生に試練があると言うことです。

 全ての受験生に桜を咲かせてあげたいと思いますが、競争社会の荒波を乗り越えていかなくてはいけないのですものね。
それぞれの結果をしっかり受け止め新しい一歩を踏み出して欲しいと思います。

 合格発表を見に行く前に、少し時間があったので彼女と少し話をしました。受験前から悔しい選択をしなければならなかったのですが、そのことをバネに高校での新たな目標を立てて進むことを話題にしました。

 心に強く思うことがあるのでしょう、今この日記を書いている横で、すでに高校での勉強をはじめました。

 ともあれ、合格おめでとう(* ‘∇‘)/°・:*【祝】*:・°\(‘∇‘ *)
こんどは、悔いの無い高校3年間を過ごして欲しいと思います。
[PR]
by sasunsasun | 2007-03-18 14:15 | Comments(4)