ササンマスターのひとりごと


by sasunsasun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

盛夏ものバーゲンもいよいよあとわずかになってきました。
会員の皆様もうご来店頂けましたでしょうか?
31日まであとわずか、まだご来店頂いていないようでしたら、ぜひ覗いて見て下さい。
毎日毎日お買得商品どんどん追加中です。
きっとあなたの欲しい一枚がみつかるはず!
[PR]
by sasunsasun | 2006-07-26 16:49 | Comments(0)

いよいよ梅雨明け?

ここ2~3日は真夏を思わせる暑さになりましたね。
梅雨明けは例年なみの20日前後でしょうか、でもこの暑さはまさに夏本番。
熱中症の声も聞こえてきます、どうぞこまめな水分補給をしてくださいね。

さて、通信を見て頂いている皆様に少しはやくお知らせです。

7月20日~31日まで、盛夏もの真夏のビッグバーゲンを開催します。

タンク、フレンチ、キャミソール、サンドレス、ハーフパンツ、ショートパンツなど真夏のアイテム大特価で店内万歳です。

どうぞ、バーゲン期間をご利用下さいませ。
[PR]
by sasunsasun | 2006-07-15 14:16 | Comments(0)

ササン通信7月号

ササン通信 2006年7月号
                           VOL50

みなさん、こんにちは! ササンです。
今回記念の50号! 結構続けてきたなあと思える区切りの号になりました。
いつも読んでくださっている方にはほんとうに感謝、感謝です
どこまで、続けられるかわかりませんが、今後とも頑張りますので宜しくお付き合いくださいませ。

さて、7月、今年もおり返しを過ぎました、と言うことは一年のうち半分が終わったってことですよね。
ああ、なんて早いんでしょう。
光陰矢のごとし、毎年毎年時の過ぎるスピードが速くなる そう思っているのは私だけでしょうか?

今年の気候の変化はおかしい なんて言われていますがわたしの体内時計ではこれで正常と告げているようなんです。
局地的な大雨が伝えられたり西日本と東日本の気温の違いに戸惑ったりしますが、全体的には気温の変化は早くから暑くなり過ぎたりすることもなく暦通りのような気がします。

もうすぐ梅雨明け、本格的な夏の訪れも間近。
はぁ~、あのうだるような暑さが続くのかと考えただけで思いやられます。

よし、今年は暑いって言葉を言わないようにしようかな、ぐっとこらえて涼しそうな顔で、なんてむりでしょうか(笑

では、今回の通信もテーマをもって書いていきます。読んでいただく皆様にできるだけ、わかりやすく楽しんでもらえればいいのですが。

○ 「マスターのひとり言」
時々の個人的に気になったことをつづっていきたいと思います)

「まいどササンです!」
(こちらは、食と温泉に絞込み。みなさんを至福の時間にいざないたいと思います)

「ササンファッション情報」
(べたなネーミング通り毎月の新しいファッション情報をお届けできればと)

以上3つのパターンに分けてみなさんに楽しんでいただこうと思っておりますので、どうぞよろしくお願いします。





○マスターのひとり言 

「あおいの部屋」


長い間、娘の部屋と自分の本やガラクタが同居していた。
そういえば、今の家に引越ししてからほとんど手付かずのままになっていた部屋を、娘の勉強部屋にしたのはいいが、タンスに整理ダンス本棚ガラクタが置いたままだったので、ほとんど納屋状態。
随分前から、自分だけの部屋で、ベッドも置いてきれいなカーテンをかけて可愛い部屋にしたい、それが私の夢といっていたが、ほったらかしだった。

ある日、友達との話しで子供部屋のことが話題に上り、中学生くらいになるとプライベートなこともあるし自分の部屋も必要だろうと聞いて、それもそうかなあ 自分自身も中学の時に自分の部屋をもらったことを思いだし、よし、それなら思いきってきれいな部屋にしようと言うことになった。

ベッドを部屋に入れるには、本棚2つ、整理ダンス1つをどうにかしなくてはいけない。そこで中を整理して捨てるものを取り出すがこれが大騒ぎである。何年もの間にたまったものは想像以上に大量で、1日や2日ではなんともならないことがわかった。

約1週間を費やして粗大ゴミ数百キロというすごい量のガラクタを我が家から追放することに成功。
寝不足と暑さにふらふらになりながら、なんとかかんとか娘の部屋が完成した。いよいよベッドがはいってカーテンが吊られると、まるで今までの納屋部屋がうそのように女の子のかわいい部屋に大変身。
私も妻も大改造ビフォー・アフターのTV番組をみるよう と驚きで一杯になる。

さて、そんな自分の部屋を手にした娘だが、なんだかどこかのホテルに来てるみたいで落ちつかないと言う。週末には、今まで同然、遅くまで家族とTVをみていると思っているとそのまま雑魚寝を決め込む始末。
部屋の中にこもり切ってしまうのも寂しい気もするが、せっかくもらった自分の部屋、ベッドももう少し使ってやったらいいのになどと思う6月だった。


○ マスターのひとり言 partⅡ    (自分が読んでよかったと思った本のご紹介)
私の大好きな人に「森 信三先生」がおられる。
戦前戦後を通して教育界に生きた人、「修身教授録」は今尚多くの人を捉えて止まない著書。

その中で、読書のことに触れられている項がある。
「われわれはこの肉体を養うためには、1日たりとも食物を欠かしたことはなく、否、一度の食事さえ、これをかくことはなかなか辛いとも言えるほどです。ところが、ひとたび「心の食べ物」というこになると、我々は平生それに対して、果たしてどれほど養分を与えていると言えるでしょうか。」

三度三度の食事はするけれど、三度三度の読書をしているか?と問われるとまったく「心の食事」はおろそかです。 まぁ、そんな堅いお話しは通信分では横に置いたとしても、なかなか本を読むくせをつけることが出来ていないことに反省ばかりです。

そんな心にカツを入れるつもりで6月は読書三昧とさせてもらいました。(三日坊主? (笑

小難しい本はこの際取り上げはなしと言うことで、読んで一服のお茶のように楽しめた本を2冊ほどご紹介してみます。

1)浅田次郎著 「椿山課長の七日間」
e0042261_16603.jpg

2)北森鴻著   「孔雀狂想曲」
e0042261_1664846.jpg

の2冊です。

どちらも少し前の本なので読まれた方もあるかと思いますがコーヒーブレイクには最高でした。

「椿山課長の七日間」は突然死した中年課長は美女の体を借りて七日間だけ現世によみがえり、やり残したことを片付ける話し。この中年の椿山課長の職業が百貨店の婦人服飾部門の課長。衣料品業界と言うことで私にはとっつきやすかったのかもしれませんが、内容は素敵な人間ドラマです。

一方 「孔雀狂想曲」は推理小説
私自身はあまり推理小説は得意ではなかったのですが、この本は短編集になっていて読みやすく、その上全編ひとりの主人公の話しとして展開するのでこれも面白かった理由かもしれません。
「古美術の周囲にうごめく、人間の欲望や心の闇。悪意と策略が偶然を装い、目利きのもとを訪れる。骨董店、雅蘭堂を舞台にするミステリー短編集」
時間の無い人には、読みやすくはは~んと推理を働かせることができて楽しいかもしれませんよ。

ともあれ、活字離れの今日この頃、読むといえばメール文ばかりの生活に、活字の大切さを思い知った6月でした。


まいど! ササンです   
   
          今回のお題は「六一〇ハップ」です

e0042261_1671064.jpg

先月は娘の部屋の模様替えにすっかり時間をとられまして、楽しい日帰り温泉にもいけず、ちょっと寂しい思いをいました。
そんな時に、我が家で活躍するのが入浴剤。
今まで登別の湯の花をお取り寄せでたくさん買い込んでいたのですが、冬を過ぎると気を抜いてしまい、残りが僅かになってしまいました。
そこで、今回は昔からたのしんでおります「六一○ハップ」が大活躍です。 
これ、むとうハップって読みます。武藤さんが作ったのでむとうハップ、なんだか冗談のような本当の話し(笑

いっとき話題になった温泉への使用の入浴剤、そうですねあの白骨温泉の偽温泉騒動の入浴剤です。でも、考えてみると温泉でも使えるほどの優れものってことでなかなかの優れものって思っています。(笑)   この六一○ハップ使える浴槽が限られるのですが、幸い自分の所のお風呂には
使えまして、白骨温泉のように白濁した硫黄のお風呂が楽しめるってわけです。
効用は「あせも、しっしん、水虫、にきび、ひぜん、ただれ、あかぎれ、しもやけ、荒れ症、かいせん、いんきん、たむし、冷え症、神経痛、痔、リュウマチ、腰痛、肩のコリ、うちみ、疲労回復、産前産後の冷え症、くじき、ひび」と優れものです。ただし、硫黄のにおいがどうしても耐えられない方はご使用をご遠慮下さいませ(笑

あとは、お風呂用露天風呂ポスターなる物が売られておりますので、こんどはそれを買ってさらに温泉気分を味わえるようにしたいと計画中です。


○ 「ササンファッション情報」     

いよいよ世間では夏物バーゲンがはじまっていますね。
夏のシーズンは長く、一部3月頃からはじまって8月まで半年間の展開になります。そうすると夏物といってもひとくくりにするのは難しく、大体大きく3つに分かれて展開されるのが一般的。
まず初夏 夏のはじまりを告げる展開 夏、盛夏 夏本番の展開 晩夏 夏素材秋色の行く夏をおしむ展開となります。
一般的には夏物バーゲン、は夏ものを中心に晩夏ものを展開するスペースを確保する為に行われ
今の時期のバーゲンは、一部バーゲン用の商品など部分的に行われるのが一般的です。
バーゲンの言葉はなんだか心うきうきしますが、本当はこの時期晩夏ものの鮮度が高いものを探して見るのが楽しいかもしれませんね。
7月は本当の意味で夏の本番時期で、夏物衣料品もこの時期一番需要が高まる時期でもあります。でも、なぜか業界では20年30年前の販売方法が脈々と受け継がれていて、7月に入ると直ぐにバーゲンやらクリアランスセールを打ち出します。
特にブランド衣料などはバーゲンになると、昨日までの価格の半額になっていたりしてショックを受けることもありません。
ササンでは、バーゲンを待たなくても常にバーゲン価格よりも安くなるように商品をご提供することを考えてがんばっています。
バーゲンだから安いと言うのではなく、いつでも価値>価格で安いというのが目指すササンのありかたです。

Ladies&Children Sasun 
住所 奈良県奈良市西大寺国見町1-7-10
電話 0742-51-6784
営業時間 AM10~PM7
定休日 日曜日
[PR]
by sasunsasun | 2006-07-05 16:07 | Comments(0)