人気ブログランキング |

ササンマスターのひとりごと


by sasunsasun

2006年 01月 30日 ( 1 )

月曜は・・・

月曜は、新商品を探しに行く日。
楽しいものを沢山見つけてきたのだが、その話はまた後日。

なんでやねんやろ?って思わないでください、ただ頭が整理できないだけなのです(汗

毎週月曜日はなかなか書く内容がきまらない、そこで今日はうどんの話。なんだか毎回食べ物の話だがお付き合いを(笑

月曜のお昼、先日は唐揚げのお店だったが、基本的に行くところは決まっていて、そのなかでもうどんの「四国路」さんはもうすっかりなじみのところ。

昨日ご紹介した「春知」さんはお蕎麦屋さん、「四国路」さんはうどんやさん。

で、ここも何が気に入ってるかって言うと、ご主人と奥さんの人柄、そして納得のうまさのうどんなのだ。

うどんは、もちろん手打ち、でまあ手打ちうどんと言うとけっこうどこもそれを売りにしているから驚く言葉ではない。
もちろん、手打ちにもこだわりがあって、その日の気温や湿度で塩加減を調節したり、打ち方を工夫したりといろいろあるのだそうだが、自分の口では残念ながらその微妙な感じを理解できないのである。(スミマセン)

決め手はなんと言っても、やはりお出汁。この味付けはもう店の特徴がズバッと出る。安物の口の自分でも好みがはっきり別れる。

で、ここの「四国路」さんのお出汁は、自分にピッタリのすこし濃い目の味付けなのである。関西はどちらかと言うと薄めで、たとえばかつおだしの風味で味わわせるところも多いのだが、疲れた時は少し濃い目のほうが助かるのだ。

ということで、今日もこの「四国路」さんへ。ご主人は寡黙な人なのだが、根っからのひょうきん者で、無口なのだがほんわかなんとも言えず面白い、味のある人なのである。

今日は、大好物の「肉うどん」をたのんで、これまた至福の美味しさを堪能させてもらったのだが、最後にこそっと特別プレゼントの「りんご」をひときれだしてくれた。これはご主人が自分で食べる為にもってこられている物だが、なぜかそっと出してくれる。

なんだか、ちょっとした気持ちがとても嬉しい。だから、通うのをやめられないのである。

みなさんにも、きっと行きつけの本当に心からくつろげる美味しいお店を知っておられることでしょう。また、ササンにそんなことも教えてもらえると嬉しいなあ、などと思っています。
by sasunsasun | 2006-01-30 23:55 | Comments(2)