ササンマスターのひとりごと


by sasunsasun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

男気

男が男に惚れるって。

ササンは、軟派で、変コツで、我がままな性格である。
(割と自己分析は得意な方!(笑)
だからか、正反対の硬派の男気のあるやつには、あこがれがある。
それは、くやしいけれど決して自分には真似できないことだからだと思う。
そんな友がササンにいるから不思議である。

彼はそれはそれはやり手で、今は大企業の役員をしている。
何百億ものグループをまとめるトップである。
本当に忙しい体で、「明日からアメリカや」って言っていたかと思うと
「来週は中国やねん」と落ち着かない。
ゆっくり話をすることもなかなか出来ないが
何かにつけてお互い気にしている関係だ。

今回、バタバタしていた時に、先のことも含めて相談に行ってきた。
かなり無理なお願いだったが、「ん~、わかった、また連絡するわ」
と返事をくれた。

その彼から電話があって、
「お前の頼みの件は全部段取りしといたから」と。
細かい部分の確認に何度も電話をくれ、
最終これで本当にOKというところまで面倒を見てくれた。

端から見ても、新しいプロジェクトの立ち上げからなにからで
本当の所は、こちらのお願いなど対応している暇も無いはずである。
そう言えば、この間夜中に電話があって
「今、会議終ったから依頼のこと見とくわ」と話していたのを思い出した。
あの後、依頼のこと対処してくれたのだろうか。
そうなら、あの日は家に帰れていないはずだ。

そんなことを、オクビにもださず、さらっとやってのける。
考えてみると、そんな実行力のあるやつだからこそ、
大企業の役員になれるのだろう。
なんだか、器の違いを見せ付けられて嫉妬心があふれてくる。

でも、自分の近くにそんな人間がいて、これもありがたいことである。
そんな彼でも、食事をしながらの個人的な話になると、いろいろ悩みもあるよう。
そんなことも隠さず話してくれる人間くささも彼の魅力だろう。

男が男に惚れると言うのは私にとって彼のことなのかもしれないと思うのである。
[PR]
by sasunsasun | 2005-09-16 20:20 | Comments(0)