ササンマスターのひとりごと


by sasunsasun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

古都 奈良の散策

e0042261_17422834.jpg
e0042261_17423751.jpg

東大寺二月堂修二会(しゅにえ)
この行法は東大寺の二月堂の本尊、
十一面観音に、僧侶たちが世の中の罪を一身に背負い、
代苦者、すなわち一般の人々に代わって苦行を引き受ける者となり、
苦行を実践し、国家安泰等を祈る祈願法要です。

ちよっと難しいですが、奈良の春を呼ぶ行事
「お水取り」のことです。

その二月堂がある東大寺界隈を先日の日曜日に
散策してきました。
桜はすっかり葉桜になり、地面を敷き詰める花びらが
春から初夏への移ろいを感じさせてくれます。

さて、散策の目的は日々の運動不足を賄うのに
歩くのが一番ということで、
せっかく歩くなら古都奈良を散策しながら
楽しくと言うのが趣向でした。

東大寺からはじまり、二月堂~四月堂、春日大社、興福寺と
散策していると3時間ほどがあっという間に流れました。

これで、日ごろの運動不足も少しは解消できたなかぁ。

そして、立ち止まって考えてみると、街の中に鹿がいることも
歴史ある寺社仏閣があることも普通のことと思っていましたが
それは特別なことなのだと感じました。

娘も一緒に出かけましたが、
彼女自身が奈良をどのように感じたかはわかりません。
でも、普段の生活に歴史を感じることの出来る所があることが
いつか、振り返った時に心に染み付いた記憶として生き続け
日本人のルーツを失うことなく日本と言う国を誇りに思う
きっかけとなれば素敵なことだと思うのですが。

さてはて、現代っ子の彼女はそんなことより、鹿の行動やら
テレビドラマの撮影なんかに心馳せている様子。

まぁ、そんなものかもしれませんね。
[PR]
by sasunsasun | 2008-04-15 17:42 | Comments(0)